2017年12月13日水曜日

実験用ロボット

実験用ロボットを作っている。
膝下のサーボと枠の間にプラ板を挟んで電池ボックスが収まるようにした。
膝の所でサーボアームの位置をずらした。このくらいで良さそう。
次は電池ボックスを取り付けて配線する。

2017年12月12日火曜日

実験用ロボット

実験用ロボットを作っている。
爪先側のロール軸サーボを踵側へずらして足裏を短くした。
膝下に電池ボックスを収めるにサーボと板の間に挟むスペーサを作ろうとしている。
足首ロール軸の間隔を狭くするには膝の所でサーボアームの位置をずらせば良いと思うけど、まだ検討中。

2017年12月11日月曜日

実験用ロボット

実験用ロボットを作っている。
足裏側の軸受けを付けて脚を繋げた。
足裏を短くしたかったのに、あまり短くなってない。
爪先を丸めたら以前と変わらない長さになってしまう。
膝下に電池ボックスを付けようと思ったら幅が狭くて入らない。
2本組みの電池ボックスならギリギリで入るかもしれない。
脚を真っ直ぐにして立つと左右の足首ロール軸の間隔が広くなった。
どこかで調整して足首ロール軸の間隔を狭くしたい。

2017年12月10日日曜日

実験用ロボット

実験用ロボットを作っている。
ピッチ軸とロール軸を繋ぐアームの下に軸受けを接着した。
ロール軸のサーボアームをプラ板で作って足裏に接着してしまうと組み立てが難しくなりそうだったのでサーボアームは変えてない。足裏側の軸受けは後で付ける。
軸受け周りにスペーサを追加しよう。

2017年12月9日土曜日

実験用ロボット

実験用ロボットを作っている。
ピッチ軸とロール軸を繋ぐアームの下に板を接着した。
この板に軸受けを付ける。
板とサーボの隙間が狭いので足首ピッチ軸の稼働範囲は狭い。
ロール軸のサーボアームに短い物を使うと外側に曲がる角度が小さ過ぎるので長い物を使っているけど関節位置が高くなってしまうので適当な長さの物をプラ板で作ろう。

2017年12月8日金曜日

実験用ロボット

実験用ロボットを作っている。
ピッチ軸サーボの下に軸受けを取り付けて見た。
足首ピッチ軸を動かすとサーボ下の軸受けも動いてしまうのでこれじゃ駄目だ。
ピッチ軸とロール軸を繋ぐアームの下に軸受けを付けるように変えよう。

2017年12月7日木曜日

実験用ロボット

実験用ロボットを作っている。
ピッチ軸サーボの下に軸受けを取り付けるための部品が一部出来たので取り付けた。
ピッチ軸サーボにロール軸サーボを繋いで軸受け位置を確認。
ピッチ軸サーボの下に板を貼ろうとしたら接着の糊代が無かったので別の面を接着してみる。
この板に軸受けを接着する。